祝嶺正献

提供: ゲンセイぺディア
移動先: 案内検索
祝嶺正献

"玄制流を創始するにあたって、まず初期段階で考えていいたことは、武技へ速度と角度を巧みに堂中して、威力を発揮する方法を生み出すこと。そして中期段階で気付いたことは、実技で虚実に対応するための合理的な攻防と実戦的な攻防のあり方を完備することであった。 さらに終期段階で求めていたことは、玄制流を完成するために基本技と型で身体の全運動を高める方法を講じ、他流派との差異を明確に打ち出すことにあった"。(玄制流創始者/祝嶺正献)。