玄制流

提供: ゲンセイぺディア
移動先: 案内検索

国際玄制流空手道連盟 武徳会[編集]

埼玉県朝霞市に総本部を置き、国内外に多くの支部を持つ空手団体。

会長宗家 土佐 邦彦


玄制流とは 

玄制流空手道は沖縄の人、祝嶺正献(1925年生)により創始され、昭和25年(1950年)玄制流を公称し、本格的な普及活動が始まり数年の間に埼玉大学、群馬大学、千葉大学、東京医科歯科大学、福島医科大学、二松学舎大学等を中心に道場、教場も東京を中心にした関東地区から全国に拡がり、急速に全国的組織へと飛躍的な発展をとげたが祝嶺正献はその武道理論の追究と技術上の変化により、空手の範壽にとどまり得なくなり結果として、昭和40年(1965 年)新武道としての躰道を創始、ほとんどの門下生と共に空手界を去り、日本躰道宗家最高師範として活躍され、広く海外にも普及されている。その後空手界へ復帰され、現在は静岡県伊東に玄制流として本部を置かれる。

 玄制流創始以前からの高弟であった土佐邦彦はあくまでも玄制流空手道の普及を志し、立川自衛隊空手道部からの後輩、古屋美光と共に玄制流武徳会を創設し(財)全日本空手道連盟 (www.jkf.ne.jp) により組織された都道府県連盟に積極的に加盟参画し、その情熱と実行力、卓越した人格と優れた指導力により、多数の門下生を育成し、数々の国際大会、全日本選手権、国体等で上位入賞の実績を残し、高段者を養成し、全国各地に支部を設ける他、今や海外への普及も軌道にのり、全国大会も36回を重ね空手界に確固とした立場を築いたものといえる。

現在では毎年行われる全国大会も開催当初は小さな大会であったが、当時は生前の祝嶺先生にも御臨席賜り行われ、現在でも盛大に開催されている。当時、会の新年会にも毎年祝嶺先生をお招きし、開催されておりその席上、祝嶺先生直々に「土佐、玄制流はお前に任せる」(祖父江利久氏談)との直々にお言葉を頂く。その後、「玄制流空手道教範2」土佐邦彦著(福昌堂)でも巻頭に玄制流空手道宗家として寄稿頂く。

「玄制流空手道を愛好する皆様に附言しておきたい事は、空手道は真技を求めて修行すべき道であり、その真技を体得することによって道が開け、さらにその道の彼方で、武道の普遍的な奥義が体得できるということです。奥義へ到る出発点は、まさに型の教習にあると申しても過言ではありません。」(祝嶺先生寄稿文一部抜粋)

玄制流空手道の基本原理

国家間の戦争であろうが、単なる喧嘩であろうが、勝つために有効な方法は常に相手の意表をつくことであり、解り易く言えば、玄制流の基本原理はこの一点を徹底的に追及したところにある。 それをどうやって型の中に表現するか、そしてそれらの技を如何にして実用化するかという研究の末、祝嶺正献がたどりつき創作した技法原理が、施・運・変・捻・転ということであった。  施とは体軸の縦方向の施回運動であり、運とは前後上下への昇降運動である。また変とは前後左右へ自ら倒れる運動であり、捻とは主として、その場における体の捻転による手技・肘技の使い方をいう。 そして転とは体の前転・後転・横転により相手の予測外に変化した状態での技法でる。 これら玄制流の技法を集約した代表的な型として広く知られているのが三才の型ある。

玄制という琉名の意味

“玄”とは微妙で深遠な理を表し、“制”とは制度、形作る等の意味があり、「玄制」とは奥深い真理を求め、それを得て形にするということである。

国際玄制流空手道連盟 国際玄制流空手道連盟 武徳会 玄制流空手道は沖縄の人、祝嶺正献(1925年生)により創始され、昭和25年(1950年)玄制流を公称し、本格的な普及活動が始まり数年の間に埼玉大学、群馬大学、千葉大学、東京医科歯科大学、福島医科大学、二松学舎大学等を中心に道場、教場も東京を中心にした関東地区から全国に拡がり、急速に全国的組織へと飛躍的な発展をとげたが祝嶺正献はその武道理論の追究と技術上の変化により、空手の範壽にとどまり得なくなり結果として、昭和 38年(1963年)新武道としての躰道を創始、ほとんどの門下生と共に空手界を去り、日本躰道宗家最高師範として活躍され、現在は広く海外にも普及されている。玄制流創始以前からの高弟であった土佐邦彦はあくまでも玄制流空手道の普及を志し、立川自衛隊空手道部からの後輩、古屋美光と共に玄制流武徳会を創設し、財団法人全日本空手道連盟により組織された都道府県連盟に積極的に加盟参画し、その情熱と実行力、卓越した人格と優れた指導力により、多数の門下生を育成し、数々の国際大会、全日本選手権、国体等で上位入賞の実績を残し、高段者を養成し、全国各地に支部を設ける他、今や海外への普及も軌道にのり、全国大会も36回を重ね空手界に確固とした立場を築いたものといえる。

補足:土佐邦彦は師・祝嶺正献より直々に許しを得て、現在まで普及に当る。当時、名称が日本空手道玄制流武徳会であった時代に、武徳会新年会に祝嶺正献をお招きし、毎年いらしていたのは有名な話である。 また、その席上、「玄制流は土佐、お前に任せる」と発言されたことは、やはり席上にいらした[日本空手道糸東流真武館 Shinbukan 祖父江利久氏 が耳にしている。

玄制流空手道の基本原理

国家間の戦争であろうが、単なる喧嘩であろうが、勝つために有効な方法は常に相手の意表をつくことであり、解り易く言えば、玄制流の基本原理はこの一点を徹底的に追及したところにある。それをどうやって型の中に表現するか、そしてそれらの技を如何にして実用化するかという研究の末、祝嶺正献がたどりつき創作した技法原理が、施・運・変・捻・転ということであった。 施とは体軸の縦方向の施回運動であり、運とは前後上下への昇降運動である。また変とは前後左右へ自ら倒れる運動であり、捻とは主として、その場における体の捻転による手技・肘技の使い方をいう。 そして転とは体の前転・後転・横転により相手の予測外に変化した状態での技法でる。これら玄制流の技法を集約した代表的な型として広く知られているのが三才の型ある。 玄制という琉名の意味

“玄”とは微妙で深遠な理を表し、“制”とは制度、形作る等の意味があり、「玄制」とは奥深い真理を求め、それを得て形にするということである。

リンク[編集]